読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WesEggのブログ

アラサー女 受口を歯列矯正で治療→15年後顎変形症治療の治療開始まで

口腔外科①

先日、口腔外科の初診へ行ってきました。

矯正開始への大きな一歩です。

 

8時30分受付開始でしたが、9時過ぎに病院へ到着。

総合受付を済ませ、口腔外科受付へ。

 

総合受付では人が少なかったので、意外と空いてるんだな~、早く帰れそうだな~、

と思っていたのも束の間。

待合室はほぼ満席状態。

時間かかりそうだな~と思っていたのですが、意外とすぐ名前を呼ばれ診察室へ。

担当医に関して、歯科医からはこの地域では顎変形症の分野で一番の権威な方という説明を受けていたので、診察室にいた先生が学生ぽい若い先生だったのでびっくり。案の定、担当医ではなく部下の方とのこと。

え、違う先生なの・・・?とかなりがっかりしたのですが、最初の簡単な問診だけその別の先生で、諸々の検査後に担当医の診断を受けられるとのこと。安心した・・・。

 

若い先生から、改めて希望する治療内容を聞かれたのですが、「見た目か噛み合わせをどの位の割合で気にしているのか」や、「見た目で気にしているのはどの部分か」等、

自分のコンプレックスを改めて認識させられて、ちょっと落ち込みました。仕方ないんですけどね。。。

 

問診後、顔面の写真撮影とレントゲン撮影をし、やっと担当医と面談。

 

かなりフレンドリーで明るく、話しやすい先生でした。

 

担当医から、手術内容とリスクについて説明を受けました。

大まか内容は以下の通り。

 

・症状:下顎前突、右側顔面の変形

・手術内容:①右側の顎が下側に下がっている為、右上顎を削って、右顎を上に移動させ平行にさせる。

        ②下顎枝矢状分割法で下顎の後退と歪みを直す。

      ③骨の切断部の接合はチタンプレートと溶けるタイプのプレート2種を使用する。

      ←溶けるタイプのプレートは、チタンプレートより強度が落ちる為、

       固定箇所によってはずれたり外れる可能性が高い為、固定強度が必要な 

       箇所にはチタンプレートを使用し、その他の箇所は溶けるタイプを使用

       するとのこと。

      ④骨の移動量は、矯正後の診断結果次第だが、大体上顎3~4mm、

       オトガイ5~6mm(下顎は聞けず)。

      ⑤上下顎手術と、オトガイ形成手術は同時に行う。

      ⑥チタンプレートの除去は任意。骨と同化し除去出来なくなるのは2~3年後。それまでに除去有無を判断すれば良い。

      

・リスク:①発生率が低いリスク:

      1.止血は基本的に自己採血した血液を使用するが、出血量が多い場合は輸血する可能性がある。

      2.出血が多い場合は止血の為、頸部を切る可能性がある。

      3.出血が多く、気管支が詰まった場合は頸部を切って気道を確保する為、傷口が残る可能性がある。

 

 

     ②発生率が高いリスク

      1.しびれが残る(発生率2%)。但し、違和感のある程度。

      2.鼻が広がる可能性がある。

      3.腫れが2~3ヶ月続く。

 

 発生率の低いリスクについては初めて聞く内容ばかりで、少しびっくりしましたが、その病院では今まで一度も発生したことがないくらい、

ほとんど起きないとのことなので、少し安心。

発生率が高いリスクについては、事前にネットで見た内容ばかりなので、

冷静に受け止めることが出来ました。

 

リスクの話を聞いて多少ビビりましたが、もう15年以上悩んで決意したことなので、ちょっとやそっとじゃ決意は揺らぎません。

 

次回のCTスキャンの予約を取ってその日は帰宅。

ていうか平日の午前しか診察してないって・・・・。

また仕事休まないといけない・・・。

 

 

 

      

 

治療を始めたきっかけ④

GWもあと3日。

今日は良い天気でお出かけ日和ですね~。

高速道路の渋滞が大変なことになってるみたいですけどね・・・。

 

前回の続き。

 

外科手術か矯正のみの治療か。

当時、自分がどちらを選択したかは分からないですが、両方説明を受けた上で判断したかった。

私は歯科医が説明責任を怠ったと思っていますが、そのことについて、他の歯科医に聞いても賛同してくれた人はいませんでした。

私の症状の場合、歯科矯正のみでも治療出来るボーダーラインぎりぎりのところらしく、また矯正後の噛み合わせも改善していることから、他の歯科医からは当時の歯科医は適切な治療をしたと思う、と言われました。

ですが、私が問題としているのは、説明責任を果たしていないのではないかということ。

 

納得いかない。。。

 

だって、患者は決して安くはない治療費を払って、すがる思いで治療をしている訳です。

可能性については全部話すのが医師としての役目なんじゃないでしょうか・・・。

 

ただ、よくよく考えると、私にも落ち度はあった。

自分が顎の突出感を気にしているということを、歯科医にきちんと伝えていなかった。

というのも、顎が出ていること、それを気にしていることを自分の口から言うことが

どうしても出来なかった。

恥ずかしさ、悔しさ、惨めさ・・・。

自分のコンプレックスを他人に曝け出すことは、今でも難しいのに、思春期の自分には

とても出来なかっただろうなと・・・。

当時は、はっきり言わなくても、歯科医は自分の気持ちを察してくれている、

歯科医の言う通りに治療すればしゃくれも治るんだ!と勝手に思ってましたが、

言葉で伝えないと自分が得たい結果は得られないですよね・・・。

 

何事も、自分がどうしたいのかを明確にすること、自分でも最大限情報収集すること、

納得した上で決断すること、が大切ですね。。。

 

治療を始めたきっかけ③

今日は出勤日。

意外とやることがあってゆっくり出来なかったな、、。


さて前回に引き続き治療のきっかけについて。

実は高校生の時、歯列矯正で受口を治療しました。

が、外科手術無しで。

しかも、私の記憶では、歯科医から外科手術については一切提案されず、最初から歯列矯正のみを前提とした治療でした。


14年くらい前の話ですが、その当時、顎変形症について何の知識も無く、また、歯科矯正のみでしゃくれが治るんだと何の疑問も感じていませんでしたが、結果的に、受口は治ったものの、顎の突出感と顔面の歪みは改善されないまま。

確かに治療する前よりも多少マシになったとは感じたけど、劇的な変化はありませんでした、、。


当時の治療方針については色々思うところがあり、今後深く掘り下げていきたいと思います。


治療を始めたきっかけ②

GW2日目。

今日も朝から良い天気でテンション上がりますね〜


前回からの続き。


顎のことが気になってしょうがなくて、

うろ覚えだけど、中学3年の終わりくらいに

親に治したいと言ったところ、あっさりOK。

思えば、私が小さい時からしきりに顎を抑えて「引っ込め〜引っ込め〜」てやってたから

気にしてはいたんだな。

ていうか、そんなことして引っ込む訳ないじゃんね、、。無知な親、、。

あとは、確か中学1年生の時も、行きつけの歯科医で矯正を薦められたけど、その時は

顎のことなど一切気にしてなかったから何もせず。


てなわけで、高校に進学する前に治療することになったはいいものの、結果的に今日に至るまで顎のコンプレックスは解消されていません。

その理由は次回。




治療を始めたきっかけ①

今日からGW。

中日に半日だけ出社するけど、ほとんどの取引先が休みだから落ち着いて仕事が出来るのが嬉しい。


暇なので、治療を始めたきっかけを書こうと思う。


ズバリ言うといじめです。ハイ。


中学2年生の時、何かのきっかけで女子からプチハブりされて、それが男子にも波及して

ある日から一部の男子が私の顎がしゃくれてると言い出した。

今でも忘れられないけど、私の椅子にしゃくれと書かれたセロハンテープが貼られてたのを見た時はマジで死にたくなったわ〜。

あとは、私が大嫌いだった部活の同期の女が、話してる最中に「顎しゃくれてるよ」て

笑いながら言ったり、当時クラスでかわいいと言われてた女の子が、私が通りかかった後に顎を突き出すジェスチャーしたりとか。


いじめられるまでは、スクールカーストの上位にいたのに、いきなり最下層に落ちて、しかも自分ではどうしようもない容姿のことで馬鹿にされる。まぁ辛いですよね。


中学3年生になってクラス替えもあり、イジメは収まったけど、自分の顎へのコンプレックスは消えない。誰かと話す時、自分の顎がどう思われてるか常に気にする様になった。

しかも、極度の男性恐怖症に。

高校の時もまともに男子と話せなかったなぁ。


今日はこれくらいで。


診察結果

診察結果が出た。

結果は「噛み合わせは合っているが、

骨格性の下顎前突症と顔面変形症」。

よかった、、、。

一安心。

もう手術する気満々だったから、これで顎変形症と診断されなかったらお先真っ暗だったよ、、。

本当良かった。


その後、今後の進め方について説明を受けたが、特に重要だったのは、抜歯の有無だった。

上顎の歯を抜歯すれば、より下顎が引っ込むので

下顎の前突間がより改善されるとのことだったが、抜歯無しでもオトガイ形成で顎先を削れば前突間が改善されるであろうこと、抜歯すると鼻下と上唇の幅が長くなること、鼻先が広がってしまう可能性かあること、何より術前矯正期間が2年間程で、私が希望する今年の年末年始の手術に間に合わない為、抜歯無しにした。

シュミレーションだと、下顎が引っこみすぎて

アデノイド型の顎になってたのが気になるけど、でかい顎よりマシかな、、。


あと、虫歯3本を矯正器具つける前に治療が必要とのこと。めんどい、、


先生の良いところは審美面も気にしてくれるとこ。



手術が楽しみ。



何回目かの初診

歯医者へ何度目かの顎変形症のカウンセリングへ行ってきた。


約2年前から4軒程歯医者を回り、大学病院の口腔外科の紹介状をもらっては行かず、ふと思い立っては他の歯医者に行くことの繰り返し。


ただ、今回は自分が住んでいる地域で顎変形症の分野で知名度が高い(と思われる)歯医者へ行ってみた。


結果、今までのどの歯医者より治療に関する説明が分かりやすく、また、顎変形症の適用が微妙な自分の症状に対して、チャレンジしてみようと後押ししてくれ(他の歯医者では適用外と言われたこともあった)、大学病院への診察に向けた診療をその場で決断した。


もし治療を開始すれば、早くて年末に外科手術することも可能とのことで、早く大学病院で診察を受けたい気持ちに駆られてるが、診療結果は二週間後とのこと。


因みに、先生がざっと見た限り、自分の症状は両顎共歪んでいるとのこと。(これも初めて言われた)

なので、外科手術は両顎対象となる見込み。

これには少し驚いた。今まで対象は下顎だけだと思っていたのもあるし、両顎だと片顎に比べ大掛かりな手術になると思われるので、更に覚悟が必要だなと、、、。


何れにせよ、もう治療することは決めたので

(例え自費でもやる)、決心が揺らぐことのない様、強い意志を持って取り組んでいきたい。