読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WesEggのブログ

アラサー女 受口を歯列矯正で治療→15年後顎変形症治療の治療開始まで

診察結果

診察結果が出た。

結果は「噛み合わせは合っているが、

骨格性の下顎前突症と顔面変形症」。

よかった、、、。

一安心。

もう手術する気満々だったから、これで顎変形症と診断されなかったらお先真っ暗だったよ、、。

本当良かった。


その後、今後の進め方について説明を受けたが、特に重要だったのは、抜歯の有無だった。

上顎の歯を抜歯すれば、より下顎が引っ込むので

下顎の前突間がより改善されるとのことだったが、抜歯無しでもオトガイ形成で顎先を削れば前突間が改善されるであろうこと、抜歯すると鼻下と上唇の幅が長くなること、鼻先が広がってしまう可能性かあること、何より術前矯正期間が2年間程で、私が希望する今年の年末年始の手術に間に合わない為、抜歯無しにした。

シュミレーションだと、下顎が引っこみすぎて

アデノイド型の顎になってたのが気になるけど、でかい顎よりマシかな、、。


あと、虫歯3本を矯正器具つける前に治療が必要とのこと。めんどい、、


先生の良いところは審美面も気にしてくれるとこ。



手術が楽しみ。